フォードがPaiceの特許2件にかかる当事者系レビューを申立

投稿日:

特許 訴訟 Ford Paice

フォードがPaiceの特許2件にかかる当事者系レビューを申立
2015年11月2日 Law360

<要約>
フォードが、ハイブリッド自動車技術を保有するPaiceの
特許にかかる紛争で、
2件の特許の無効化にかかる当事者系レビューの申立を
米国特許商標庁(USPTO)から受理された。

これら2件の特許に関しては、
PaiceとボルチモアのAbell Foundationが現代自動車と起亜自動車に対して
侵害訴訟をメリーランド地方裁判所に提起しており、
陪審員が特許の有効性と故意の侵害を認定し、
現代自動車と起亜自動車に対して
28,915,600ドルの賠償金の受領を認める評決を出している。

<参照元>
http://www.law360.com/articles/722065/ford-wins-another-ptab-review-of-paice-hybrid-car-patent

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください