親綱先端運搬具

投稿日:
実施イメージ

特許第5817037号

概要

  • 建築現場の高所作業時に親綱の先端を安全に運ぶツール
  • 親綱の先端を括り付けて梁等の建築資材上を走行する
  • 先端にガイドローラーが付いたアームで建築資材の両側面を挟む
  • 遠隔操作可能
本体イメージ

背景


建築現場で高所作業を行う際、作業者は墜落防止のために安全帯を装着します。

安全帯はランヤード先端のフックを親綱に掛けて使用しますが、その親綱を高所で張る場合、まずはその作業を安全に行う必要があります。

この親綱先端運搬具は、親綱を張る梁や鉄骨等の両端にそれぞれ立った作業員が、反対側の作業員に対して親綱の先端を渡すためのものです。

親綱の先端を括り付けて特に遠隔操作で梁や鉄骨等の上を走らせることで、親綱の先端を安全に渡すことができます。

特許公報はこちらから閲覧できます

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください